AGAは病気?

最近コマーシャルでもよく「AGA」「男性型脱毛症」という言葉を聞きます。
AGAは、成人男性に多い薄毛の状態を指しています。
病気というよりは症状といった方がいいでしょう。
遺伝的要素やホルモンが関連して起る薄毛の事を男性型脱毛症と呼んでいます。
AGAは、男性ホルモンテストステロンが還元酵素5αリダクターゼの影響を受け、活性型ホルモンのジヒドロテストステロンという物質に変わってしまう事で、毛髪の成長が阻害されてしまう症状です。

ジヒドロテストステロンは毛根の毛母細胞の働きを抑制し、まだ成長途中の髪の毛なのにその成長を抑制してしまうため、毛髪は成長途中で成長を止め、抜け落ちてしまいます。
AGAの方の毛髪を見ると、か細くまた短いという事がわかりますが、これは、ジヒドロテストステロンの影響を受けて、毛髪の成長が止まっている証拠です。

男性型脱毛症は還元酵素の影響を受けてホルモンが活性型ホルモンという悪さをするホルモンに変異してしまう事がわかっていますので、お薬を利用し、還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制することで治療する事ができます。
専門クリニックなどでは、育毛剤や内服薬、発毛剤などを組み合わせて、発毛促進の治療を行っています。

本気で発毛したい、と思うのなら、男性型脱毛症の場合、医師に相談しお薬を処方してもらう、積極的な治療を行うなど様々な方法があります。
薄毛や脱毛に諦めることなく、発毛を目指して治療を行う方も非常に多くなっています。
当サイトはAGAの治療について詳しく解説しているサイトです。
薄毛に悩む多くの方々が発毛のために出来ることを、このサイトで知っていただけたら幸いです。



▼注目サイト
育毛剤や内服薬などを組み合わせてAGAの治療を行っているクリニックです → AGAの治療

Copyright © 2014 AGAで困らないために All Rights Reserved.